スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

え!楽天も売り切れ? 小説「青い鳥のロンド」

8月に入って身辺が俄かに慌ただしくなり、パソコンに向かえないまま日々が過ぎていきました。
今日こそは 「小説の森で」 記事を書こうと思い、その前にいつもの習慣でチラッとネット書店を覗いてみると、あらら? 「あと在庫3冊」となっていた楽天ブックスが、「メーカー取り寄せ」になっているではありませんか! ですので、急遽、記事変更です。

ネット書店に返本はない(買取)と聞いています。ということは、売れた?んですよね。
以前、「楽天で買ったよ」という報告をいただいたのがお一人、その後、在庫数の減少1を確認しましたので、つまり楽天在庫分合計5冊が完売されたということですよね。
ばんざ~い!

たった5冊売れたくらいで何を大袈裟な、と思われるかもしれませんが、本はなかなか売れないんですよ。一般の書店と違って買取で置いてくださるネット書店です。置いていただいているのを見ると、著者としては有難くも思い、また、売れていかないと申し訳なくも思うものです。
ですから完売されたということは、ネット書店さんに少額ではあっても確かに利益を上げていただいたということであり、また、「青い鳥のロンド」の読者さんが確実に5人増えたということでもあって、1000人の読者さんを目指している緋野のような書き手にとっては、十分万歳に値するのです。

他に何の宣伝もしていませんので、このブログでの紹介や、読者さんたちのレヴューを見てくださった方たちだろうと思います。
買ってくださった3人の方々、ありがとうございました。そして、レビューをくださった方々も、ありがとうございました。皆様のお陰です。

まだ以下のネット書店には在庫があり、すぐに発送してくれるようです。

 Amazon  BookFan  DMM.COM  (送料無料)

 紀伊国屋 BookWeb  honto  e-hon  セブンネットショッピング  ヤマダモール
   (会員になっているとか、配送方法とかの選択によっては、送料無料かもしれません)

 もちろん 楽天ブックス に注文することもできます。時間は少しかかるかもしれませんが。

ネット書店の良さは手軽に早く手に入ることです。
皆さまもお盆の旅路のお伴に、「青い鳥のロンド」 はいかがでしょうか? (と、すぐに宣伝する緋野です。笑  ・・・ だって、1000人の読者さんには、まだまだ遠いのですもの。頑張らなくちゃ。)



「青い鳥のロンド」 緋野晴子著(リトル・ガリヴァー社) 

      ほんとうに幸せなのは誰なのか?

           幸せの条件とは何か?     青い鳥はいるのか?
                    
就職氷河期の中でなんとか思いどおりの道を切り開き、仕事も結婚も手に入れた4人の勝ち組女たち。 夢を追う菜摘子を取り巻く人々、ある日忽然と現れた栄の魔女と夢子さん。30歳を迎えた彼女たちを待っていたものは・・・。
今を生きる男女に、幸福の真の意味を問う現代小説。 
                        (舞台は 名古屋市 栄)                              
                                                                                      

                 あなたは青い鳥が見えますか?

「一番好きだった人と、幸せの奪い合いをしている」菜摘子

「心の震えは何物にも代え難いわ。ああ、生きているって思う」百音

「他の人たちにも何か不幸があったらいいのに……」夢子

「何だかんだ言っても、私たちはそれでも勝ち組なのよね」翔子

「オマエは空っぽだって、喉の奥から嫌な声を出して笑うの」 麗

「フッ、フッ、夢は掴んだとたんに消えてなくなるシャボン玉」栄の魔女

「暗闇の中で、君と僕のことを想って泣いた」 護 



青い鳥のロンド


以下の書店で平積みされましたが、そろそろ無いところが出てきたかもしれません。

   名古屋  三洋堂書店 (込中 店)(塩釜店)  
          ジュンク堂(名古屋店) 

          本の王国(中日書店)  ちくさ正文館書店(本店)  
          ライブラリー大曽根店

   豊  橋  豊川堂 (本店) (カルミア店) (アピタ向山店)

          精文館 (本店)

   豊   川  あおい書店 

   豊   田  くまざわ書店

   刈   谷    くまざわ書店

   知   立  夢屋書店

   高   浜  三洋堂書店 

   新  城  夢屋書店(ピアゴ店)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hinoharuko

Author:hinoharuko
銀河の旅人セイラです。私の見た地球人の姿と、それを描いた小説をめぐって、気ままなお話をしていきます。
私の本のご紹介・・・① 「たった一つの抱擁」(文藝書房)…この星の男女(夫婦)の不可解な生態を描き出した作品。 ② 「沙羅と明日香の夏」(リトル・ガリヴァー社)…神秘の奥三河を舞台にした、二人の少女のひと夏の経験。生きることの深奥を見つめた青春小説。(東愛知新聞社主催「ちぎり文学奨励賞」受賞)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。