小説の森で - 8.小説の命

菊池寛がこう言ったことがあります。

「作品がうまいと思いながら心を打たれない、まずいと思いながら心を打たれることがある」と。

その言葉に接した時、それは結局どちらも優れた小説とは言えないということだと、私まず思っ

たのですが、それだけでは片付けられないような、ひっかかるものが感じられて、ずっと心に残

っていました。

 菊池は、芸術的価値を重視する文壇文学に対して、小説はもっと実人生と密接に交渉すべきだ

と、内容の生活的価値の重視を主張しました。そこで頭に浮かんでくるのは、もうひとりのテー

マ小説の書き手である芥川龍之介です。

芥川こそ、まさに芸術的価値を重視する作家でした。私は彼の羅生門を読むと今でも惚れ惚れし

て、ああ、一作でいいから、こんな完璧な芸術品を作り上げてみたいものだと思ったりします。

けれど菊池の言うとおり、その感動の主体はどうも、「上手い!」ということや、「場面の凄ま

じい美」にあるのであって、テーマの投げかけている主張は理解できるものの、なぜかその点に

心を揺さぶられる感じがしないのです。

 生活的価値を重視した菊池は、社会性のある素材を、簡潔平明な文体で、くだくだしい心理や

性格解剖などに道草することなく、現実的・常識的・具体的な思考をもって、読者が直ちに興味

の中心に入れるような小説を書きました。彼の小説は大衆の心を掴み、文学大衆化の先駆けとな

ったのです。

 けれど、菊池の作品もまた、真に「心を打たれる」と言えるだろうか? と、私には ? が

つくのでした。志賀直哉の作品と読み比べてみてください。違いが分かると思います。

 あれから何年、何十年もの時が経って、緋野は読む人間から書く人間に変わり、ようやく分か

りました。小説でも何でも、文学作品にとってもっとも大切なのは、そこに作家自身の生きた血

が通っているかどうかということだと。私小説という意味ではありません。作家の魂がそこに生

きていて、切ればどこかから作家自身の熱い血が流れ出してくるようなもの、ということです。

それが小説の命です。

 そう思って故人の言葉を思い出してみると、その意味することが、とてもよく分かります。鴎

外は、「どんな芸術品でも、自己弁護でないものは無いように思ふ」と言い、漱石は、「徹頭徹

尾、自己と終始し得ない芸術は、空疎な芸術である」と表現し、ボーボワールは、「文学は読者

が作者の肉声を聞きとる瞬間に始まる」と言いました。みんな同じことを言っていたのです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hinoharuko

Author:hinoharuko
銀河の旅人セイラです。私の見た地球人の姿と、それを描いた小説をめぐって、気ままなお話をしていきます。
私の本のご紹介・・・① 「たった一つの抱擁」(文藝書房)…この星の男女(夫婦)の不可解な生態を描き出した作品。 ② 「沙羅と明日香の夏」(リトル・ガリヴァー社)…神秘の奥三河を舞台にした、二人の少女のひと夏の経験。生きることの深奥を見つめた青春小説。(東愛知新聞社主催「ちぎり文学奨励賞」受賞)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード