読者さんの呟きから

ブログの友人 新上俊さん も「青い鳥のロンド」を読んでくださって、ご自分のブロ

グに次のようなご感想を呟いてみえました。 小説の主な登場人物は仕事を持っ

た女性たちですが、女性でなくとも、労働現場には様々な立場の人間がいて、働

く人間の、仕事に対する心情ということに関しては男も女も違いはなく、共に十分

ストレスフルなのだと、新上さんの記事を読みながら改めて思いました。ですから

「青い鳥のロンド」は、性差にまつわることを除いては、登場人物を男性に置き換

えて読んでいただいてもよろしいかと思います。

では以下に、新上さんの記事を引用させていただきます。
 

 理性の点から言うと私が言いたいことを書いているではないか、と思われる

 点がございました。そして私が会社勤めをしていた時に発した言葉と

 同じ言葉を見つけました。P81の最後から次頁について語られていた言葉です。

 これは、商社の営業最前線で働いていた翔子が、妊娠によって前線から後方

 の事務に配置換えされようとしている時に、友人に語った言葉です。

 「後方だって必要な仕事だってことは分かっているわ。でも、契約書の和訳や、

 決まった文書の作成や、データ入力や、電話対応、・・・・定年までやっても同

 じことの繰り返しで、創造性ってものがないのよ。私にとって仕事をするという

 のは、そういうものじゃなかったの。目標をどこに置いたらいいのか、働く意味

 が見えないもの」



 私はゼネコンで海外の仕事をしていましたが当時建設会社では国内の仕事が

 忙しく、金がかかるだけで利益を出さない海外の仕事はお荷物扱いされ、ある

 意味邪魔者扱いされていて、ここで発せられた言葉と同じ気持ちになったので

 す。

 私は就職氷河期ではないですが、オイルショックによる不況下の中、2浪という
 
 年齢ハンデを負い、数十社から不採用となり、ひ弱で絶対入社したくなかった

 建設業界を、大学の就職部から「英語力がある学生を探している会社がある」

 と紹介され、面接を受け合格して進みました。一部上場会社に勤務していること

 を誇りに思いながらも、社内で日陰で勤務している思いを持ちながら働きました。


 新上さんはその後その会社を早期退職され、数十社に及ぶ転職を経験された

 そうです。
 
 「青い鳥のロンド」のあとがきにも少し書きましたが、先進国の中で最も幸福感

 の低いグループに入るのが日本の正規雇用女性で、それより少しましなのが

 正規雇用男性です。日本の平均的な女性の幸福度は逆に高く、その差は世界

 一だそうです。

 ここから見えてくるものは何なのでしょうか? 

 そんなことを改めて思ってみた緋野です。

 皆様も、小説「青い鳥のロンド」を通して、幸福な人間、幸福な日本人の在り方

 について、思いを巡らせてみていただけたらと思います。


 
 「青い鳥のロンド」緋野晴子著(リトル・ガリヴァー社) 

 * 全国書店でお求めいただけます。 
                (店頭にない場合は書店にご注文ください)

 * 楽天ブックス・Amazon 等ネット書店にもございます。

 * 庶民の味方、図書館でリクエストして、購入していただくこともできます。

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hinoharuko

Author:hinoharuko
銀河の旅人セイラです。私の見た地球人の姿と、それを描いた小説をめぐって、気ままなお話をしていきます。
私の本のご紹介・・・① 「たった一つの抱擁」(文藝書房)…この星の男女(夫婦)の不可解な生態を描き出した作品。 ② 「沙羅と明日香の夏」(リトル・ガリヴァー社)…神秘の奥三河を舞台にした、二人の少女のひと夏の経験。生きることの深奥を見つめた青春小説。(東愛知新聞社主催「ちぎり文学奨励賞」受賞)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード