スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「たった一つの抱擁」 冒頭

今日は、「たった一つの抱擁」の冒頭部分をご紹介します。

       ******************************

 あっと言う間に四十九日が過ぎていた。狐につままれたみたいに、どこかぼうっとしたままの父を促して、
そろそろ母の遺品を整理しようと思ってやって来た。
ついでに、それを口実にして二~三日この家に泊まっていくつもりでもあった。
些細なことですれ違ってから気まずい空気が流れ始め、意地の張り合いが始まると更に複雑化して、この頃、夫との間はいつもぎくしゃくしていた。
息苦しくなってきた私は避難場所を捜していたのだ。
 実家は母が生きていた時と何も変わってはいなかった。家具も小物もカーテンも、何もかもそのままで、
ただ、散らかっていることだけが、母の不在を物語っていた。
父が一階の事務所で仕事をしている間に部屋を綺麗に掃除すると、何もかも元どおりになった。
今にもその辺から母がにこにこと顔を出して、「明日香ちゃん、おかえり。」と呼びかけてくれそうな気がした。
母はいつもたいていキッチンにいた。
母がよく座って家計簿をつけていた、造り付けの小さな家事机の前に座ってみた。
窓から外の景色がよく見える。母が毎日のように眺めていた風景。
でも、こうして母のいた場所から見ると、私にはどこか見慣れない風景だった。
同じ家から見たのでも、私が毎日自分の部屋から見ていたのとは違う。
窓を開けてみる。春らしくなった風がふんわりと流れ込んできた。母の匂いがするようだった。
引き出しを開ける。ここも、生前のまま。
 その時、ふと、一冊の古い大学ノートが目に止まった 。
「何だろう?」
綺麗に洗って畳まれたエプロンの下に、隠されるようにしまわれていたノート。
開いてみると、それは母の日記だった。
 何気なく読んでしまった最初の一ページで私の目は釘付けになり、心臓がドキドキして、次々とページを繰らずにはいられなくなってしまった。
そこには、私のまったく知らなかった母がいた。

   五月二十九日

 私は、きょうもベランダに立って、無意識のうちに空を眺めていた。夏の気配が広がる五月の末の空。きのうも、おとといも、同じ場所に立って待っていた。風が吹いてくるのを。
どんな風でもいい。私の五感を揺さぶってくれる風でさえあれば。
 ベランダの下に見える小さな畑と、それに続く果樹園の間から、かすかに青葉の匂いを含んだ風が柔らかく吹いてきた。干したばかりの洗濯物を揺らし、べランダに置いた鉢植えのサフィニアを震わせた。
 でも、それはやっぱり、私の体の底に潜む苛立ちを吹き浚ってくれる風ではなかった。
私は失望し、空を仰いだまま、小さな溜め息をついた。
 遥か上空から吹き降りて来る見知らぬ風に肌を吹きさらし、清涼な空気を体一杯に吸い込んで、鳥のように舞い上がりたい。
やがて、私の体は透き通り、重力から解き放たれて宙を漂う。どこまでも、ずっと・・・・・。
ばかげた空想。そして、狂おしいほどの願望。
 けれど、風はいっこうに吹いては来ない。
もう何日も、何ヶ月も、何年も、私はこうして風を待ち続けている。

   六月十八日

 今年になって夫と・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スポンサーサイト

テーマ : オススメの本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hinoharuko

Author:hinoharuko
銀河の旅人セイラです。私の見た地球人の姿と、それを描いた小説をめぐって、気ままなお話をしていきます。
私の本のご紹介・・・① 「たった一つの抱擁」(文藝書房)…この星の男女(夫婦)の不可解な生態を描き出した作品。 ② 「沙羅と明日香の夏」(リトル・ガリヴァー社)…神秘の奥三河を舞台にした、二人の少女のひと夏の経験。生きることの深奥を見つめた青春小説。(東愛知新聞社主催「ちぎり文学奨励賞」受賞)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。