秋から冬へ・・・スケッチ5首

キッチンの窓の外に紗羅の木があります。私の大好きな木です。
この地に住み始めた時に苗を植え、それからずっと、辛い時も楽しい時も一緒に過ごしてきました。毎朝かならず眺める木です。
この木が一番始めに季節の移り変わりを教えてくれます。
もうずいぶん葉を落としてしまった沙羅の細い枝に、ツガイでしょうかスズメが二羽やってきて、寒いのでしょう、羽毛を立てて丸くなって寄り添っていました。
実は去年も同じ光景を見ました。可愛らしく微笑ましいお客様たちです。
ふだんは日にちのことなど意識せずに暮らしていますが、その光景を見て、はっと冬が近づいていることに気がつきました。

 秋から冬へ・・・・セイラのコレクションbookからスケッチを5首

    しんしんと 野は鎮まりて 閑かなり 氷雨に透けゆく 赤紅葉

    落ち葉掃く 箒投げ出し 丸まれり 木枯らし1号 笑ひて過ぎ行く

    北風に 背中押されて 駆け出せば 枯れ葉もカラカラ いっせいに来る

    二人して 静かに燗酒 酌み交わす オリオン煌く 木枯らしの夜

    南窓の 沙羅の小枝に まん丸く 雀二羽寄る きょうは立冬   

魂の1行詩というわけにはいきませんが、時々、こうした日常の愛しい瞬間を写真を撮るように書き留めています。あなたもいかがですか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hinoharuko

Author:hinoharuko
銀河の旅人セイラです。私の見た地球人の姿と、それを描いた小説をめぐって、気ままなお話をしていきます。
私の本のご紹介・・・① 「たった一つの抱擁」(文藝書房)…この星の男女(夫婦)の不可解な生態を描き出した作品。 ② 「沙羅と明日香の夏」(リトル・ガリヴァー社)…神秘の奥三河を舞台にした、二人の少女のひと夏の経験。生きることの深奥を見つめた青春小説。(東愛知新聞社主催「ちぎり文学奨励賞」受賞)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード