スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の陽の中で


  陽だまりに 小さき羽虫 来て遊ぶ


久しぶりに秋らしい天気になりました。綺麗な陽がベランダから差し込んでい

ます。 向かいの家の外壁を覆っていた蔦の葉が枯れて窓が姿を現し、風が

吹くとカサカサと音をたてて揺れて、清涼な空気の中に、なにかもの悲しい雰

囲気を漂わせています。 そういえば博多にいた時のアパートも、いく筋もの

長い蔦に覆われていて、今ごろはカサカサどころかザワザワ~っと、雨のよう

な音をたてて揺れていましたっけ。


この秋は曇天つづきでお日様の光は貴重ですので、さっそく布団を干してシー

ツを洗いました。そこへ生協のお兄さんが荷を運んできてくれて、きょうの空に

負けない明るい声で何やかやと言葉を交わし合いましたら、いっそう爽やかな

気分になりました。

家事の手が空いてから、神社の御神木がやわらかい陽の中でわずかにさやい

でいるのを、ベランダの向こうに眺めながら少し上等なお茶をいただきました。

湯気のたつ飲み物が恋しくなる季節です。


こうした何でもない穏やかな日常が、どんなに有り難く豊かなものか、歳のせい

でしょうか、しみじみと思われるようになったセイラです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hinoharuko

Author:hinoharuko
銀河の旅人セイラです。私の見た地球人の姿と、それを描いた小説をめぐって、気ままなお話をしていきます。
私の本のご紹介・・・① 「たった一つの抱擁」(文藝書房)…この星の男女(夫婦)の不可解な生態を描き出した作品。 ② 「沙羅と明日香の夏」(リトル・ガリヴァー社)…神秘の奥三河を舞台にした、二人の少女のひと夏の経験。生きることの深奥を見つめた青春小説。(東愛知新聞社主催「ちぎり文学奨励賞」受賞)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。