変化

きょうは暖かい日でした。というより、暑かった。いつもと同じだけ着ていたら、

暑くなって脱いでしまいました。

季節が急に進んだように見える日、他の人はどう感じるのでしょうか。 

私は、なんだか焦りに似た感覚に見舞われます。 まだまだ元のところに留

まっていたかったかのような。そこに、やらなければならないことがまだ残っ

ていたかのような。 先の季節を、まだきちんと見送っていなかったのに、と

いったような。

いつまでも寒さが厳しいうちは、(春よ、早く来い!) としか思わなかったの

に、愚かなことです。 


季節に限らず、変化というものはすべて突然起こるのではなく、気づかない

うちにすでに少しずつ準備されていて、ある時急にその変貌を露わにして、

人を驚かせるものだと思います。 よく周囲を観察してみれば、自然も、個人

も、社会も、世界も、すべてそうです。

ですから、大きな変化に慌てないためには、私は少しずつ準備されている変

化の兆しに、もっと敏感にならなければならないのです。 そして、変化が露

わになる前に、為すべきことをしなければ。

今、私の為すべきことは何か? 自分に為せることには何があるのか? 

そんなことを考えてしまった春日和でした。


・・・う~ん。 ・・・、・・・、・・・
 

とりあえず、老け防止のために、顔にクリームでも塗りましょか? (爆笑)

スポンサーサイト

太陽が暖かい

そんなに時が経ったような気もしないのに、前回の記事UPからずいぶん間が開いて

しまっていました。きっと、心がどうかしていたからでしょうね。


時は容赦なく過ぎていくものですね。
 
この間に二度、雪が降りましたが、今年の雪には歓喜ではなく憂愁を感じるセイラで

した。 大切な人の声が聞こえなくなったからかもしれません。

いつかそんな時が来るのかもしれないと、ある程度の予感はありましたが、こんなに

も寂しいとは、正直、想像しませんでした。
 
私の人生から大切な大切なものが一つ、欠落してしまいました。 

雪はその空洞に、黙って降り沈んでいくようでした。


この世に何十億の人間がいようとも、自分が一生のうちに出会える人の数はほんの僅

かで、そのうち、心の内を素直に伝え合える人の数はさらに限られていて、さらにさ

らに、自分に似たところのある人、自分を理解してくれる人となると、驚くほど少な

いのだということに、今さらながら気づかされた思いです。
 
共鳴できる人に一人でも出会えたならば、それはめったにないほど幸せなことだった

のですね。

寒さはまだまだ厳しいですが、太陽の光は確実に春の訪れを告げています。
 
「私はここにいます。セイラさんらしく顔を上げて生きてください」と、誰かが青い

空の奥深くから囁いてくれているようです。 だから、元気を出して前に進まなけ

ればなりません。


出版はあと一歩のところで停滞しています。予約数が伸びなくなってきたからでしょ

うか。 どうなるのか分かりませんが、それでもきょうは、頑張ってもう一歩を出す

つもりです。何とかなるでしょう。 だって、太陽が暖かいもの。
プロフィール

hinoharuko

Author:hinoharuko
銀河の旅人セイラです。私の見た地球人の姿と、それを描いた小説をめぐって、気ままなお話をしていきます。
私の本のご紹介・・・① 「たった一つの抱擁」(文藝書房)…この星の男女(夫婦)の不可解な生態を描き出した作品。 ② 「沙羅と明日香の夏」(リトル・ガリヴァー社)…神秘の奥三河を舞台にした、二人の少女のひと夏の経験。生きることの深奥を見つめた青春小説。(東愛知新聞社主催「ちぎり文学奨励賞」受賞)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード