春よ来い

明けましておめでとうございます。

年末年始の喧騒が終わって、主婦のセイラにとっては、今がようやく正月休みと

いったところです。まっさらなカレンダーを前に、ゆっくりと今年の計画を書き込む

楽しさ。いつも計画どおりにはいかないのですけれどね。

今年の最初の目標は、それはもう、なんと言っても「青い鳥のロンド」の出版です。

予約数はやっと68冊まで来ました。目標は100冊です。あともうひと頑張り。

2月の中頃までにはなんとかしたいと思うのですけれど、ここからが難しくて。

そこでまた、新年早々ですが、 緋野晴子の新作「青い鳥のロンド」をご紹介させ

ていただきます。


  就職氷河期の中で、なんとか思いどおりの道を切り開き、仕事も

  結婚も手に入れた四人の勝ち組の女たち。三十歳を迎えた彼女たちを待

  っていたものは・・・。

  夢を追う主人公、菜摘子と、彼女を取り巻く人々。 そこに忽然と現れた栄

  の魔女と夢子さん。はたして本当に幸せなのは誰なのか?  

  幸福の条件とは何か? 青い鳥はいるのか? 

  現代社会を生きる男女に、真の幸福を問う小説。
        です。


理由あって、出版前に予約を集めています。三つ前の記事で、「青い鳥のロンド」

のあとがきを掲載しています。合わせてご覧になってください。

興味を持っていただけましたら、ぜひ予約にご協力ください。

   本代(予約20%引き)+税+送料 = 1600円以内 です。


ご予約いただけます方は、非公開コメントでお名前・〒・ご住所をお教えください。

お言葉と住所等のコメントは2つに分けていただき、こちらで確認しだい、住所等

のほうは削除させていただきます。それでも不安な方は、そうおっしゃってくださ

い。私のメルアドをお教えしますので、そちらにお願いします。

(出版が叶いましたら、出版社より郵送されます。代金は同封の振り込み票で)


緋野晴子の3作目です。どうぞお読みになってみてください。

新年早々のお願いでした。                 緋野晴子 拝 

私のほんとうの新春は、これが出版されるまで来ません。
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

hinoharuko

Author:hinoharuko
銀河の旅人セイラです。私の見た地球人の姿と、それを描いた小説をめぐって、気ままなお話をしていきます。
私の本のご紹介・・・① 「たった一つの抱擁」(文藝書房)…この星の男女(夫婦)の不可解な生態を描き出した作品。 ② 「沙羅と明日香の夏」(リトル・ガリヴァー社)…神秘の奥三河を舞台にした、二人の少女のひと夏の経験。生きることの深奥を見つめた青春小説。(東愛知新聞社主催「ちぎり文学奨励賞」受賞)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード