ピンチです! ほんとにもう、人生って。

10月・11月は、父の葬儀とお礼回り・相続等の手続・四十九日の準備・後始末・

同窓会などで一気に過ぎていきました。気がついてみれば、父の逝去からもう

二か月になろうとしているのに、落ち着いて悲しんでいる暇もありませんでした。

相続の手続はまだ全部は済んでいません。

ところが、そうこうしている間に、私の気づかないところでも、重大な事態が発生

していたのです。ほんとにもう、人生って。


実は、父が亡くなったちょうどその頃、新作「青い鳥のロンド」を出版する予定に

なっていた出版社の編集長さんが、おそらく過労からでしょう、体調に異変を生

じ、入院されたのです。不幸中の幸い、一か月ほどの入院でなんとか退院され

たのですが、まだ健康上の問題は残しておられます。小さな出版社さんですの

で、編集長の入院・不調は出版社の業務に大きな影響を及ぼすようです。

私の新作は、予定では今頃もう出版されているはずでしたが、ストップしたまま

です。ストップしているのは構いません。待つのには慣れていますから、編集長

さんの体力の回復しだいで、ゆっくりやっていただけばいいのです。

けれど、失礼を承知で書きますが、私には懸念があります。編集はもうおおか

た済んでいて、最終チェックだけだと思いますし、表紙もとっくにできていました。

ならばあとは印刷に回すだけ。つまり、その印刷が、緋野の出資の少なさと編

集長さんの健康不安のために動かなくなったのではないかと。

これは私のまったく勝手な(失礼な)想像ですが、ここまできて、この小説にかけ

たすべての努力が水泡に帰すのではないかという不安が拭えないのです。

リトル・ガリヴァー社さんは、プロ未満の小説書きにとっては救世主のような存

在です。原稿を気に入ってくだされば、他の出版社ではあり得ないほどの支援

をしてくれます。私が今回の小説に支払った費用は、おそらく印刷代にも十分

回らなかったのではないでしょうか。もともと低い利益率で頑張っておられたと

思います。

編集長ご自身も、宇田川守和のペンネームを持つ小説作家であり、こんど日本

ペンクラブの会員となることになりました。新人を発掘し育てることに情熱を傾け

ています。「沙羅と明日香の夏」出版後の5年間に、いったい何度、叱咤・激励・

アドバイスのお電話をいただいたことでしょうか? ほんとうに稀有な出版社さん

です。


それでこのピンチに際し、私は必死に考えて自分にできることをすることにしまし

た。私自身の本のためにも、この出版社さんのためにも、出版前の予約を集め

ようと思います。予約があるということは、出版されれば、確実に予約分の収入

は入るということです。今回の予約分はすべて、編集長さんへのお見舞いとエ

ールとします。

そんなことをして、次の出版費用はどうするの? と思われる方もあるかもしれ

ません。でも、ご心配なく。次は賞を取って、タダで出版してもらえばいいのです

からね。とにかく、今はこの一冊を出版することに全力を傾けます。


皆様にお願いします。

「青い鳥のロンド」 本代(予約20%引き)+税+送料 = 1600円以内 です。

どうか、予約にご協力ください。 きょうはもう長くなってしまいますので、明日

か、数日のうちには、「青い鳥のロンド」に関する情報を掲載しようと思います。

よろしくお願い致します。

ご予約いただけます方は、非公開コメントで、お名前・〒・ご住所をお教えくださ

い。お言葉と住所等のコメントは2つに分けていただき、こちらで確認しだい、住

所等のほうは削除させていただきます。それでも不安な方は、そうおっしゃって

ください。私のメルアドをお教えしますので、そちらにお願いします。


人生というのは、ほんとうに、ゆるくないものですね。一筋縄ではいきません。

でも、負けるものかと思う私です。


                           ( 緋野晴子  拝 )


スポンサーサイト

テーマ : 本に関すること
ジャンル : 本・雑誌

秋から冬へ・・・スケッチ5首

キッチンの窓の外に紗羅の木があります。私の大好きな木です。
この地に住み始めた時に苗を植え、それからずっと、辛い時も楽しい時も一緒に過ごしてきました。毎朝かならず眺める木です。
この木が一番始めに季節の移り変わりを教えてくれます。
もうずいぶん葉を落としてしまった沙羅の細い枝に、ツガイでしょうかスズメが二羽やってきて、寒いのでしょう、羽毛を立てて丸くなって寄り添っていました。
実は去年も同じ光景を見ました。可愛らしく微笑ましいお客様たちです。
ふだんは日にちのことなど意識せずに暮らしていますが、その光景を見て、はっと冬が近づいていることに気がつきました。

 秋から冬へ・・・・セイラのコレクションbookからスケッチを5首

    しんしんと 野は鎮まりて 閑かなり 氷雨に透けゆく 赤紅葉

    落ち葉掃く 箒投げ出し 丸まれり 木枯らし1号 笑ひて過ぎ行く

    北風に 背中押されて 駆け出せば 枯れ葉もカラカラ いっせいに来る

    二人して 静かに燗酒 酌み交わす オリオン煌く 木枯らしの夜

    南窓の 沙羅の小枝に まん丸く 雀二羽寄る きょうは立冬   

魂の1行詩というわけにはいきませんが、時々、こうした日常の愛しい瞬間を写真を撮るように書き留めています。あなたもいかがですか?

あり得ない。信じられない。

トランプ氏がクリントン氏を破って、大統領選に勝利しました。

まさかと思っていました。あってはならないことが起こりました。

民衆というものの、愚かさと恐ろしさを、まざまざと見せつけられたような思いです。

世界はどう動いていくのでしょうか。ますます読めなくなってきました。

目の前に暗雲が広がっていきます。

秋深し・・・魂の通う人のいる幸せ

私のブログの友人にセネカさんという方がみえます。先日、セネカさんのところでこんな句を見つけました。

    顔のない男独りの秋の暮 (セネカさん)

そうなのですね。と感じるところあり、

    顔のない女は風に舞う木の葉 (セイラ)

と、そっと寄り添ってみました。すると、良寛さんの句を引いて

    うらを見せおもてを見せて散るもみじ

と返してくださいました。やはりセネカさんは素敵な方です。


そういえば、セイラのコレクションb00kにこんな短歌もとってありました。
新聞の朝日歌壇に載っていた小平市の宮下さんという方の歌です。

    珈琲屋の珈琲煎る歌冴えしままたそがれ苦く秋の風吹く

お顔も知らず、お話したこともない方ですが、この歌を詠われた瞬間に私はお仲間を感じました。

人はみな孤独な魂の旅人。
それでも時に、その魂の触れ合える人がいる。その魂の触れ合える瞬間がある。  
これを幸せと呼ばずしてなんと言うでしょう。

幸せな秋がしんしんと深まってゆきます。

               ( 言の葉に心ぬくもる秋の暮  セイラ )
プロフィール

hinoharuko

Author:hinoharuko
銀河の旅人セイラです。私の見た地球人の姿と、それを描いた小説をめぐって、気ままなお話をしていきます。
私の本のご紹介・・・① 「たった一つの抱擁」(文藝書房)…この星の男女(夫婦)の不可解な生態を描き出した作品。 ② 「沙羅と明日香の夏」(リトル・ガリヴァー社)…神秘の奥三河を舞台にした、二人の少女のひと夏の経験。生きることの深奥を見つめた青春小説。(東愛知新聞社主催「ちぎり文学奨励賞」受賞)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード