FC2ブログ

読まれているのかな? 電子書籍

小説 「青い鳥のロンド」の出版から、いつの間にか一年余の時間が流れていました。一年の節目としてこのたび電子版になり、現在、ほとんどのネット書店で販売されています。
一冊 432円で、紙の本に比べるとたいへんお得なのですが、さて、どれくらいの方が読んでくださるのでしょうか? 

もともと、本の実際の売れ数というものは、著者には把握しがたいようにできている出版業界ですが、電子書籍は特に分かりません。 先に出した 「沙羅と明日香の夏」 を見てみましたら、kindle ストアで本日現在、309,804 位と出ていました。 順位がつくのは何冊か売れたという証拠のようです。(読んでくださった方々、ありがとうございました)
今出たばかりの「青い鳥のロンド」には、順位がついていないことからも分かります。
ですから、どんなに少なくとも一人には読まれたことは分かるのですが、では何冊? となると、?なんですね。

「出版社から、売れ行きに応じた印税が入るんじゃない? それで分かるでしょ」と思われる方があるでしょうし、確かに普通はそうだと思うのですが、私の場合、電子化無料、かわりに印税なし、の契約をしていますので分かりません。
忙しい出版社に、「何冊売れましたか? 調べてください」 と言うのも気が引けます。

そこで、今後、もし私の電子書籍を読んでくださる方がありましたら、「読んだよ」と一声かけていただけますと、たいへんありがたいです。1000人の読者さんを目指して書いておりますので、知りえたかぎりの読者さん数をカウントしています。
現在のところ、「たった一つの抱擁」 は 200人程度、「沙羅と明日香の夏」 は 600人程度、「青い鳥のロンド」 は 300人程度です。
ご感想を求めたりはしませんので(あればもちろん、とても嬉しいですけど)、どうかお気軽に「読んだよ」 のご一報を、よろしくお願いいたします。


          「青い鳥のロンド」 について


評価が両極に分かれる小説でした。概して女性には好評、男性にはあまり関心を持たれない小説のようです。特に仕事を持って働く女性には絶賛され、高齢男性にはテーマすら理解されないという、極端な現象を引き起こしました。

いかにあれば、女性は幸せに生きることができるのか? 女性が幸せになる生き方を探すということは、パートナーである男性も、結局ほんとうの意味で幸せになれるということではないだろうか? 

そのような思いで書きましたが、女性の人生・幸福に対する男性たちの無関心、問題意識不足には、がっかりしてしまいました。昔から女性たちだけが背負ってきた生き辛さ、愛し合う男女の間に軋轢を生む原因、女性にとっては深刻な人生上の大問題は、今も何も解決されてはいないのだということが、奇しくも浮き彫りになる結果となりました。

ですが小説は、そうした現実の中から微かな光を拾っています。 どんなにささやかな光でも、人類が、男女が、より確かな幸福に向かって進む道の、篝火の一部になってくれるに違いないと 著者 緋野晴子は信じています。

電子版 432円。 著者が言うのもなんですが、それくらいの価値はあるかと思います。この機会にぜひ、お読みになってみてください。


青い鳥のロンド
スポンサーサイト

小説「青い鳥のロンド」(緋野晴子) ついに発売!


 「青い鳥のロンド」緋野晴子著
                 (リトル・ガリヴァー社)1,296円

   ほんとうに幸せなのは誰なのか?
      幸せの条件とは何か?
               青い鳥はいるのか?
                    
 就職氷河期の中でなんとか思いどおりの道を切り開き、仕事も結婚も手に入れた4人の勝ち組女たち。夢を追う菜摘子を取り巻く人々、ある日忽然と現れた栄の魔女と夢子さん。
30歳を迎えた彼女たちを待っていたものは・・・。
今を生きる男女に、幸福の真の意味を問う現代小説。
                 ( 舞台は 名古屋市 栄 )

                        
          あなたは青い鳥が見えますか?
 
「一番好きだった人と、幸せの奪い合いをしている」      菜摘子
「心の震えは何物にも代え難いわ。ああ、生きている」   百   音
「他の人たちにも何か不幸があったらいいのに……」    夢   子
「何だかんだ言っても私たちはそれでも勝ち組なのよ」     翔   子
「オマエは空っぽだって、喉の奥から嫌な声を出して笑うの」 麗
「フッ、フッ、夢は掴んだとたんに消えてなくなるシャボン玉」
                          栄の魔女
「暗闇の中で、君と僕のことを想って泣いた」        護
 
 


        2017年5月25日 ようやく発売となりました。
  
  * 全国書店でお求めいただけます。
                       (店頭にない場合は書店にご注文ください) 
  * 楽天ブックス・Amazon 等ネット書店にもございます。
                         (レヴューをぜひお願いします)
  * 庶民の味方、図書館でリクエストしてください。
  
 
 愛知県では以下の書店で平積みされていると思います。
 
   名古屋    三洋堂書店 (込中 店)(塩釜店)  
           ジュンク堂(名古屋店)
          本の王国(中日書店)
          ちくさ正文館書店(本店) 
                      ライブラリー大曽根店
 
   豊  橋  豊川堂 (本店)(カルミア店)(アピタ向山店)
           精文館 (本店)
 
   豊  川  あおい書店 
   豊  田  くまざわ書店
   刈  谷    くまざわ書店
   知  立  夢屋書店
   高  浜  三洋堂書店
 
  以下の書店にもあるようですが、何冊あるのか分かりません。
ただ1冊で小説のコーナーに立っているかもしれませんので、ようくお探しください。書店員さんに 「ありますか?」 と尋ねていただいたほうが早いかもしれませんね。
その他の書店にもあると思いますが、私には行方がつかめません。
 
   東 京   ジュンク堂 (立川高島屋店)(大泉学園店)
                                    (池袋店)(渋谷店)(日本橋店)
               (新宿京王店)
               文教堂 (赤羽店)
 
   宮 城   丸善 (仙台アエル店)
 
   千 葉   丸善 (柏モディ店)(南船橋店)(津田沼店)
 
   神奈川   文教堂 (溝ノ口本店)
 
   名古屋   ジュンク堂 (名古屋栄店) 丸善(本店)
 
   大 阪   ジュンク堂 (大阪本店)(難波店)(梅田店)  
                      丸善 (八尾アリオ店)
 
   京 都   丸善 (本店)
   奈 良   ジュンク堂 (奈良店)
   神 戸   ジュンク堂 (三宮店)
   姫 路   ジュンク堂 (姫路店)      

 

ヤドカリ生活で思うように動けず、肝心な本の画像がまだUPできません。(涙)
緋野晴子の3作目です。どうぞ、お読みになってみてください。

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

hinoharuko

Author:hinoharuko
銀河の旅人セイラです。私の見た地球人の姿と、それを描いた小説をめぐって、気ままなお話をしていきます。
私の本のご紹介・・・① 「たった一つの抱擁」(文藝書房)…この星の男女(夫婦)の不可解な生態を描き出した作品。 ② 「沙羅と明日香の夏」(リトル・ガリヴァー社)…神秘の奥三河を舞台にした、二人の少女のひと夏の経験。生きることの深奥を見つめた青春小説。(東愛知新聞社主催「ちぎり文学奨励賞」受賞)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード